九州名産・五島列島特産五島手延うどん「有川そだち」

うどん通販・江口元手延製麺

〒857-4211
長崎県南松浦郡新上五島町
有川郷920番地
電話0959−42−3001

MAPFAN・江口元手延製麺地図

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

上五島発・釣りの達人

上五島・釣果・石鯛58cm

11/19・福岡の釣り客・西部石鯛クラブ・福永さん。本石鯛58センチ・ 鯛ノ浦港沖の地磯。

    釣り・上五島・次は誰だ?

五島手延べうどんセット/お取り寄せご推奨品

 九州・五島特産品”五島うどん”の通販「江口元手延製麺」。長崎県五島列島から五島手延うどんの産地直送。

九州・五島特産品・五島うどん通販「江口元手延製麺」

九州・五島列島・上五島・釣り情報

長崎の西方100k、東シナ海に浮かぶ五島列島
場荒れしていない磯が多く釣り人ならば一度は訪れてみたい場所のひとつです。
五島列島の中でも上五島は、長崎市から高速船で西へ90分。どこまでも青い海に、はえる緑の山々、
水平線からのサンライズやサンセットなど自然いっぱいの所です。
長崎・佐世保・福岡・関西など遠方から多くの太公望が訪れます。
私のサンデー釣行から、くろ(めじな)主体で上五島、有川からの釣り情報を提供していきます。

 

釣果報告が多くなりすぎたので整理しました。

最近の上五島の釣果情報

上五島の釣果平成26年3月以前

 過去の上五島・釣果情報

 

五島列島、上五島、有川周辺の釣り情報を暇見つけてお知らせします。

日曜日・休日は釣り、タイムリーな釣果情報となるか疑問ですが、だんだん充実させていきたいと思います。

皆さんも「釣り」ばかりやっていないで、時には家族サービスも大切ですね。

魚の鍋物のあと食べる五島うどん「有川そだち」は美味しいですよ。 是非ご賞味くださぁーい。

上五島の釣り情報

上五島・釣り・ボート

 

五島・釣り・ボート

上五島釣り場情報

上五島・ロクロ島・東側(頭ヶ島側)

五島列島・上五島・相の島・平瀬

五島列島・上五島・野案中島・梶瀬

上五島・頭ヶ島・田の浦

 

 

←↑H26年2月2日《第17回エフ・ピーマエダ杯グレ釣り大会》椛島・若松一帯
早朝7時出港の我々が乗った”増栄丸”は椛島行きですが、2番クジで上がったのは採石場の出口でした。

ココは昔の記憶によるとマダイのポイントだぞゥ〜・・案の定一匹目は54Cmのマダイでしたっ。

でも、諦めず頑張っチョッたら良かクロ(46Cm1、6Kg)が2匹釣れました・・・。

あと一匹釣れば上位入賞間違いなしっ、と思ったバッテン結局その後2バラシでヘタこいて終了ですっ・・・。\ (゜□゜)/

本日の大物賞は内野くんの50Cmオーバーでしたっ・・・。

そして3匹重量の上位はレベルが高く4、8オーバーでしたネェ〜 ↓ ↓     ↓     ↓

←↑H26年1月26日《釣研FG五島支部クロ釣り大会》 下五島椛島”奥の院の鼻”

釣れ様が釣れまいが
カバです・・・FG五島支部は昔っから主にこのパターンですねェ〜

寒くは無いけど強風で、時化とりましたが44Cm迄のキロ級5枚釣れましたヨン・・

そして今日の相棒=原敏雄くんがヤッテくれましたっ。

一匹重量 10位入賞者

4位 近藤 重康   1.47 

5位 宝亀 智昭   1.42

6位 小瀬良 博己  1.38   

7位 濱上 勝利   1.38 

8位 江口 留政      1.37 

9位 洪川 黄白    1.35 

10位 尾上 英樹    1.32

優勝 原 敏雄      1.85s   写真中央

2位 戸塚 弘一    1.70s    写真左

3位 濱上 幸喜   1.48s     写真右

 H26年1月3日  相ノ島 《恒例の五島釣研新春初釣り大会》 ↑     ↑     ↑           ↑

 
本年は喪中につき正月、すっこと無いけん、年末年始は〜山口県・萩〜島根県・津和野あたりまで

カアチャン連れてドライブ行って来やしたっ。

1月3日早朝6時頃に太古丸で帰り付き、すぐに撒餌混ぜたり釣行準備して→友住港→相ノ島へ強行軍です。

くじ引きで田中へいチャンと上がった釣場は ”4番”かな?。
たいしたアタリも無いまま PM1時頃に磯ラーメンをへいチャンにも振舞って腹ごしらえ完了・・・その後 下げ潮で出来た釣り場にへいチャンが移動。
ワンド側を
狙いだしたカレに良かアタリ連発デスヨ、それを横目で見ているボクの目は涙がチョチョギレそうでしたデスヨ。

一匹長寸 優勝 田中 平一郎    47.5p  

        2位 吉本 嘉済      43.0p 

        3位 小瀬良 博己     41.5p 

        4位 江口 留政        41.0p

        5位 諸泉 俊孝           39.5p

        6位 原 敏雄        38.6p

←↑H25年12月8日《有川湾・コウ瀬》

ヤッター
\(^_^)/最高ベタ凪じゃ〜ィ・・・、でも今シーズンは沖磯には大苦手なアジゴさんが出没の噂有り?・・・チョコっと迷ってコウ瀬に決定しましたが、ココはオレ的には上げ潮ポイントさねェ・・・、そっバッテン

5ヶ月振りやし上っぞぉ・・・

小潮前でも この潮位ですっ、時々フェリーが沖を航行する時は注意あっぱょ〜です、バッカンがぁです。

しかも下げ潮&3人釣りけんション無かぁ・・オレは初めて地磯向き(浅瀬だらけ)に挑戦してバラシ×2・・

グレはおるっ

何のかんの言ぅても、さすがコウ瀬ですばい!・・・なんなっと釣れまするっ。今日イチは口太46Cmでしたヨン

  H25年11月24日 《困った時の丸尾・沖防》 ↑     ↑     ↑           ↑

 
久しぶりに土・日2連チャンの釣り三昧やってみました・・・ 腰が痛くてタマランですっ
Y(>_<、)Y

昨日は一太くんと《立串・前の島》に行ったのですが、アジゴ猛襲に負けて《丸尾・沖防》に逃げ込んで

お土産釣り成功
夜はコレまた久し振りに
和風味処ゆうなみ”にオナガ持ち込みで飲み会やったゾイッ。
そして今日は森本くんを誘って《継子瀬》に上がったのですが前日に相当の撒餌が入ったらしく、ザーマな餌盗りで釣りになりまっシェーン・・・んでもって又々丸尾・沖防に逃げ込んでヤッバシ良か釣り出来ましたっ。

←↑H25年11月17日
  《釣研FG五島支部・WFG代表選考会》その@

 
25年度WFG本大会出場の支部代表を決定するための予選会が、早朝から若松・白崎鼻付近一帯においてトーナメント方式で決行されました。

1回戦・2回戦と勝ち上がり決勝戦に進出したのは和田選手と山下選手でしたが、決勝の結果は山下選手が代表選手に決定しました〜っ

  H25年11月17日《釣研FG五島支部・WFG代表選考会》そのA ↑     ↑     ↑           ↑

 
ワタクシの苦手な早起きam4時過ぎ起床が気になって、ほぼ一睡も出来ましぇんでした
(*´Д`)=з 

早朝5時過ぎに郷の首から出港してam7時に1回戦釣り開始です・・

3投目くらいに釣れたのが写真46Cmの良型でした、おかげ様で1回戦勝ち上がりぃ〜ラッキー\(^_^)/   

しかし2回戦で和田君と戦って撃沈ですっ・・・

その後は小瀬良先輩とロートル二人組でゆっくりとお土産釣りを楽しみましたですっ・・

←↑H25年10月27日中潮
         《小串・離れ波止→丸尾・沖防》 
 

久し振りに有川湾が凪いだのですが、いつもの相棒は”くじらどん祭り”で釣りに行けましぇ〜ん(-"-;)・・なので、今日は若手の石田くんと森本くんを誘ってマイボートで出港しました。しかし、まだ台風一過のウネリがあって沖磯には上がれましぇ-ん、ので小串の低い防波堤で釣り開始して足裏グレで遊んどったらアジゴが湧いて来やがった。  次に丸尾・沖防に逃げ込んだらソコでは尾長グレが食いついて来ましたがオレはヘタクソッでバラシ×バラシ・・・(/_;)/~~  石田君も尾長をバラ+バラし・・+良型チヌを数枚ゲッツ・・・

竿頭は森本くんのチヌ54Cm+尾長42Cmクラス2枚、その他でチヌは記録更新だそうだっ・・・o(゜∇゜*o)

←↑H25年 10月 20日《若松・日の島の波止釣り》

 絶好調でしたっ
!!・・口太グレのキロ級が10枚(46Cm級3枚)と良型イサキが3枚ですよ。

北北東よりの風がやや強くて釣りづらい状況でしたが、1時過ぎに昼メシば喰って、その後からがクロも調子良く喰って来たのです。二人共今日は良か釣りば出来ましたっ。

釣果写真は私一人分ですばい・・波止釣りですばい!!・・タマガッタバヨ!!!・・\(^_^)/

H25年10月13日《 森方塾秋期チヌ釣研究会》 ↑    ↑    ↑         ↑    ↑    ↑


日曜日.午前2時頃、福岡の森方塾生一行を乗せた大型渡船(あじかのブラックヘリオス)が私の待つ船崎港に到着。

当初9月29日予定でしたが出場者が少なく延期となりました。結局、福岡組13名+五島は私だけ=14名と少し淋しい研究会でしたが、本命のチヌさんは意外と全体にそれなりの釣果でした。

3番クジで福岡の長野さんと私は榊ノ浦の漁生浦向きの磯で3:30頃から夜釣り開始し、夜明けまでにイサキ35Cm+本命チヌ44Cm程+口太グレ44.5Cmが釣れました。
夜が明けると北東よりの強風になってギブアップでコッパグレ〜足裏しか釣れず、逆に相棒の長野さんはコンスタントに4枚の本命チヌ連発でした。

検量の結果は優勝=中村信二さん49.5Cm 2位=塾頭の森方敏進さん47.3Cm 3位=同磯の長野克典さん45.6Cmでした。

私は惜しくも4位でスたっ。・・・そういえば・・・同磯の相棒が3位で私は4位???去年と一緒じゃん!!
                             
↓     ↓     ↓           ↓     ↓     ↓

二ヶ月振りの釣り

←H 25年 9月 8日《阿瀬津で波止釣り》


約、二ヶ月振りの釣りですが今回はグレよりもイサキが釣りたいと思い、阿瀬津の防波堤でpm1時過ぎてから釣り開始しました。

そして釣果はマアマアのを3匹ゲッチューして、夜はイサキの刺身と塩焼きでビールを美味しく飲みましたデスッ(^ε^)♪

H25年7月7日《久々の磯釣り-有川湾・コウ瀬》
 

イサキが釣りたい(喰いたい)&磯は暑いし吸血虫がイヤ!で船釣りばっかでしたが、今日はコウ瀬日和+コウ瀬潮なので若者釣師を二人誘って約一ヶ月振りの磯釣りです。  ココは良型グレの実績が大で、イサキの実績はあまり無かったのですがpm1:40石田君に40cmオーバーの良型イサキ、そしてpm2:00森本くんに46.5cmの良型グレが釣れて、私もpm3:00に38cm程の刺身用イサキが釣れて、その後もレギュラーサイズのイサキ足裏グレがボチボチ釣れました。が、残念ながらデカバングレは釣れませんでした。  しかし、離れ瀬といえども磯釣りはウダルような暑さで、後日は背中と、お腹と、お尻がアセモでカイカイです(/_;)/~~

40.5センチのオナガ

 H25年6月8日(土曜)大潮 《丸尾・沖防》


珍しくサタデー釣り師やりました・・・明日は雨で時化予報なので一太くんを誘って午後からマイボートで出港したのですが、ウネリが有り沖磯は無理だなって事で丸尾・沖防です。

此処はオナガの可能性が高いのです・・・案の定2投目に40.5センチのオナガが喰って来ましたが、コッバも多くて苦労しました・・・が、それなりにお土産サイズを沢山釣って遊ぶ事が出来ました。感謝カンシャ。

口太の43Cm

←H25年 6月 2日《若松・日の島の波止釣り》


ちょうど1年前に一太くんと行った(ダジャレ?)同じ波止に一太君と行ったのですが、去年と違って中々釣れましぇん・・・

餌盗りだらけです、特にサバゴが沖までウジャウジャみたいでした・・・が。それでも口太の43Cm&41Cm&38Cm&イサキ33Cm+コッパグロがボチボチでしたヨン〜

下山くんの40センチオーバー

野崎島に到着して運良く(厚かましく)一ッ瀬に上磯

  道中は視界が悪くて島が見えましぇん

←↑ H25年5月26日 《凪に恵まれて久々の野崎島》

来週は釣研FGの大イベントである
WFG(World Fishing Gaia of Gure)が、全国の支部代表を集めて平戸口から出港し、小値賀〜野崎島周辺で開催予定です。

我が五島支部代表の濱上くんの(下見に行きたい)要望に答えて3年振りに野崎へゴー。    道中は視界が悪くて島が見えましぇん・・(pm2.5)ですかね〜たいがいにしてくれんかね〜     30分程で野崎島に到着して運良く(厚かましく)一ッ瀬に上磯したのですが・・     磯上は吸血小虫だらけで大変です、タマランです!!釣り人が入り過ぎですヨねぇ-。    私の釣果はオナガ35センチまででコッパ〜足裏が湧きまくり・・       唯一下山くんの40センチオーバーが羨ましいゾイ。

原くんはやっぱしキロオーバー(42.5Cm)をチャーンと獲ってましたっ

←H25年4月28日中潮 《丸尾・沖防》

(本日は晴天ナリ・南南東の風2m)有川湾は絶好の釣り日よりに熊本在住の有森くんが釣友引き連れて来る!       しかし連休序盤の日曜日に有川湾沖磯は何処も満員御礼状態なので、近場の磯で(源五郎島→野首の離れ→継子瀬)と、念入りに瀬替りさせたのですが何れもグレ不発だった様です・・   ザンネン
=(*´Д`)=でしたっ。     一方、私と原くんは(野首の地磯→丸尾の沖防)でお土産釣りに健闘した結果足裏前後を20匹程確保出来ました。そして原くんはやっぱしキロオーバー(42.5Cm)をチャーンと獲ってましたっ・・やっぱり名人ですね〜。

クンボ誘って若松へゴー

二人共クチブト46Cm迄キロ級2〜3枚混じり

クンボだけの釣果ですっ

←↑  H 25年 4月 21日《若松島・某波止釣りA》


随分と長いこと日曜日が凪いだっつー記憶が有りましぇーん・・・。今日も北の風6mだとさぁー。

仕方無くっつーか結局クンボ誘って若松へゴー・・・正解!!!今時期スゴイと思います。

釣果は二人共クチブト46Cm迄キロ級2〜3枚混じりでお土産サイズが多数釣れました。

今回はチヌが一匹も来ませんでした。−−写真3枚目はクンボだけの釣果ですっ−−

ヤットの思いで釣り上げた46Cmの口太グレ

頭ヶ島の沖向きに上磯

H25年 4月 14日《頭ヶ島・カキの下》 ↑      ↑      ↑      ↑               ↑

 
今日の天気予報は南西寄りの風なので有川湾が良かろうと思い、久々のマイボート出動でした。
しかし、思ったより強風で釣り場が定まらず、2時過ぎに頭ヶ島の沖向きに上磯出来たのですが、やっぱり強風で4時半頃には船がヤバくなって来たので、早々と帰港しました。
写真は3時過ぎにヤットの思いで釣り上げた46Cmの口太グレです。

42.5Cmの丸々と乗っ込んだ口太さん

←H 25年 3月 31日《若松島・某波止釣り》

今日は北寄りの風が強いので、マイボートは出港出来ましぇん、し・・・最近はグレが食わない時期突入なので、コッパグロが2〜3枚釣れれば良しと思い、若松島までドライブ遠征したわけサ〜      最初はコッパ狙いの1.2号ハリスでナメてかかったら、いきなり何かバラしちまったので1.75号にアップして頑張った結果 42.5Cmの丸々と乗っ込んだ口太さんが釣れちゃいましたばよん・・            久し振りのキロオーバーに感激しましたばい・・、他に良型のチヌさんが2人合せて7〜8枚.その他釣れました。

原くんは43Cm前後の口太グレを2枚

←平成25年3月17日 《久し振りの継子瀬》


本日の天気は午後から南寄りの強風で雨が降るぞってことで、久し振りに 近場のママコ瀬での竿出しですっ。

此処には、良型の口太がワンサカ居るはずです・・が、ヤッパリ 私には 今回もキロオーバーは喰って来ません。

そして相棒の原くんは43Cm前後の口太グレを2枚獲ってます・・・さすが名人ですっ。。

今日の相棒-増本くんはシッカリと43Cmをゲット

←H25年3月10日 《頭ヶ島・青バエ》

今日は前田釣具主催の
チーム対抗グレ釣り大会の予定でしたが悪天候のため延期になったので、

潮騒丸で青バエに渡りました。

午前中は右手から西寄りの突風で、午後からは左手から北東寄りの突風と大ウネリが押し寄せて厳しい一日でした。

釣果はと言うと、私には相変わらずキロ級が食ってくれませんが、今日の相棒-増本くんはシッカリと

43Cmをゲットしていましたねェ〜・・・。

←H25年3月3日 《丸尾・沖防》


今日の有川湾は長〜いピッチの大ウネリで何処も上がれそうも無いので、得意の時化知らずに入って水道側のポイントで竿出ししましたが、何にも釣れないまま数時間後、予想外の南西の風が吹きアガって来て、さすがの時化知らずが時化てきました。

仕方なく丸尾の沖防に移動したら、一投目に原くんにヒットしたのは写真の口太45Cmでした、その後も46Cmをあげて腕の差を見せ付けられました。

・・・これからは名人と呼ばせて頂きますっ・・・。。

優勝 浜野信久 中央    2位 持木隆浩 左    3位 吉本嘉済 右

H24年度第2回釣研FG五島支部クロ釣り大会

H25年2月24日《H24年度第2回釣研FG五島支部クロ釣り大会》      ↑    ↑    ↑

釣れようが釣れまいが
カバ・・五島支部の釣り大会はたいてい椛島釣行ですが、やっぱし昔の様な釣果には中々巡り合いましぇんネェー。

相棒に引いて貰った5番クジで上がった磯は実績のある草島(北の離れの地)ですが・・

オレ最近ツイてましぇん・・草島ではココだけアジゴです、足元でもド遠投でもアジゴが釣れます。

仕方なく瀬替りしたのですが、次の磯ではタカベの大襲来に撃沈させられて閉店したのでした。

一匹重量   優勝  浜野 信久   写真    中央
                  2位   持木 隆浩         左

              3位   吉本  嘉済          

−写真の真鯛は小さい方ですっ。−

←H25年2月17日《イルカだらけの 立串・前の島》

本日の天気予報では南東よりの風らしいので
案中島方面の空き磯は無いばいねっと考えて、立串・前の島に直行したのですが、以外に北東の風が吹いてポイントの磯は時化ています。仕方なく内側向きの初めてのポイント2ヶ所に二人づつ上磯して11時頃から期待を込めて釣り開始したのですが・・・釣れん・・・あまりにも釣れん!!全員どうにか釣ったのはコッパ〜足裏グレ4枚くらいと貧果でしたが、約一名(原一太くん)だけが、しぶとく釣ったのが真鯛の2キロ程と3キロ程を連続ヒットしました。期待の夕マヅメタイムに気付いた事は廻り中にイルカがウジャウジャ居った事・・・ガビ〜ン 

優勝 和田 靖(写真中央)  2位 吉本 嘉済(左)  3位 浜窄 友和(右)

←H25年2月3日《第16回エフ・ピーマエダ杯グレ釣り大会》椛島・若松一帯


早朝7時出港の我々が乗った
”祥福丸”は椛島行きですが、噂によれば最近の椛島はアジコ主体に餌盗りがすごいらしい・・・案の定、8番クジで降りたアマミの出口(大小瀬の地の手前)ポイントはアジゴだらけで降参し、12時過ぎて、やっと瀬替わりが来て次に降ろされた磯は輪を掛けてアジゴ+タカベがウジャ?2だっ・・・(ノ_・。)   
 相棒と顔を見合わせ[終わったナッ・・・]てね、泣きたくなりナリ。上位入賞者に聞けばアジゴ居らんやったげな、良かっちょなぁ
\ (゜□゜)/
  ↓        ↓        ↓ 

優勝    和田 靖    写真中央

 2位    吉本 嘉済    左

 3位    浜窄 友和    右 

 大物賞  和田 靖 

大物賞  和田 靖

釣研FG五島支部クロ釣り大会

優勝  和田靖 (写真右) 2位 佐々野芳則( 写真左)

 H25年1月27日《釣研FG五島支部クロ釣り大会》↑→      

雪もちらつく強風厳寒の一日でした・・・。
ホッカイロ6コ+貼るクツ下用も両手両足にくっつけてグワンバッてみましたが、検量魚を釣る事が出来ましぇんでした、ただ一回だけ仕掛けが馴染んで、ドッカーンと来たヤツはハリスをブチッと切ってトンズラコキやがりました。 

一匹重量 10位入賞者

  優勝  和田 靖       1.52s  45.5cm 写真右

  2位  佐々野芳則 1.52kg 43.6cm  写真左

  3位  前田 久志  1.49 

  4位  宝亀 正浩  1.48 

  5位  吉本 嘉済  1.44

  6位  濱上 幸喜   1.24   43.0cm 

  7位  小島 慎也  1.24   41.6cm  

  8位  田中平一郎  1.22 

  9位  中島 好則  1.22 

10位   永田 一志     1.19

私しゃ口太44Cmまでですがオナガ35Cm前後がボチボチ釣れて大漁

←H25年1月20日《久々の・ノコギリ》

 この時期珍しくベタ凪だっ、て事で三人で野案中島へ直行しましたが、どのポイントも千客万来でした、が。  何故かノコギリだけが空いてるではあ〜りましぇんか・・・と、喜んでイソイソと上磯したのでしたっ。

流石に寒グロシーズンの野案中島だっ!。
全員数回のバラシ有り(大けなかオナガの喰いよっちゃろう)     でもそれなりキロオーバーゲッチュですよ。私しゃ口太44Cmまでですがオナガ35Cm前後がボチボチ釣れて大漁だし、下で釣ってるクンボは口太の45Cmまでキロ級オナガ混じりの好釣果。隣りで釣った原クンは40〜46Cmのオナガ数枚+アシウラ以上のお土産多数ですっ。

  ↓        ↓        ↓ 

クンボは口太の45Cmまでキロ級オナガ混じりの好釣果

原クンは40〜46Cmのオナガ数枚+アシウラ以上のお土産多数

福岡在住の増本くんのあんちゃん   44Cmまで良型10枚

小生は43Cm〜足裏まで5枚

”和風味処ゆうなみ”で何度目かの新年会

  H25年1月13日 《困った時はロクロ島のシケ知らず》 ↑      ↑      ↑      ↑               ↑

 
福岡在住の増本くんのあんちゃんが土・日で寒グロ釣りにやって来ました。

初日は兄弟で若松・ツルセド近辺に行って良か釣りだったらしく48Cmまでキロ級が結構釣れた様です。

日曜日はボクのマイボートの出番ですが、天気予報では午前中はベタ凪だが午後からお天気下り坂なので

大事をとって得意のシケ知らずに上磯しました。

釣果はあんちゃんが44Cmまで良型10枚、小生は43Cm〜足裏まで5枚やっとこさですっ。

海況ですが案の定PM2時頃から雨が降り出し3時頃から北東の風が吹き上がり土砂降りの雨になりましたが、そげな事カンケー無かっ、釣りは止められましぇん。

結局当然、海は大時化になり帰港する事が出来ずマイボートを頭ヶ島・福浦の波止に置いて帰りました。

晩餐はあんちゃんも交えて最近行きつけの和風味処ゆうなみ”にお願いして何度目かの新年会となりました。

35Cm〜44Cmのクチブトグレ5枚釣ってマズマズの釣り初め

相棒もキロ級クチブト数枚+真鯛3枚

  H25年1月6日《謹賀新年m(_ _)m 立串・前の子島》↑      ↑      ↑      ↑               ↑

 
2013年・初釣り?
(・_・;)・・。うっそで〜すっ、実は4日に瀬渡し船で見附島に行って、見事にボウズってしまったので、それは無しって事にして、釣り初めのやり直しです。

北西の風で多少波が有りますが一太くんを誘ってオナガ狙いで前の小島に直行しました、んでもって突端のオナガポイントで暫く竿出しましたがウネリにビビって引っ込みポイントへ移動して35Cm〜44Cmのクチブトグレ5枚釣ってマズマズの釣り初め(・_・;)?でしたっ。

相棒もキロ級クチブト数枚+真鯛3枚とメデタし目出度し\ (゜□゜)/。

「海舟」の大将  48cmの大物

←H24年12月31日 《2012釣り納め・見附島》

 昨夜は飲み過ぎちまって出発が昼過ぎになりましたが、鯛の浦港から久々に見附島まで行ってきました。

沖・見附南側に、先客で海舟の大将が居たのでTELしてみると、午前中 すでに 48cmの大物をヤッツケており、快く同磯させて頂き、1時過ぎてオレやっと実釣開始っ。私の釣果は5時納竿までにクチブト43Cmを筆頭にオナガ混じりでグレ6匹+イサキ4匹と満足の釣り収めになりました。他に濱上くんが45Cmと46Cmの良型をヤッていました。
  ↓        ↓        ↓ 

クチブト43Cmを筆頭にオナガ混じりでグレ6匹+イサキ4匹

濱上くんが45Cmと46Cmの良型

クンボにはココでは珍しく良い型のオナガ

釣り三昧の正月休み、クンボと一太くんと、マイボートで出航

  H24年12月29日 《又々ロクロ島のシケ知らず》 ↑       ↑       ↑       ↑                 ↑

 
今日から釣り三昧の正月休みとなり、早速クンボと一太くんと三人、マイボートで出航です。

ほぼ無風状態ですが前日のウネリが残って最初に覗いた立串・前の島はボツ、次に覗いた野案中島も使えず、最後の望みはやっぱりココしか有りましぇんねェ。

しかし相変わらず餌取りの猛襲ですが、辛抱してたら午後3時に42.5Cm、4時には44.5Cmがあがり、クンボにはココでは珍しく良い型のオナガ(写真)と夕マズメには42Cm程のクチブト他と、一太くんはキロ級を4〜5匹と中々の好釣果に恵まれました。

有森くんの釣り納めは瀬渡し潮騒丸に乗って相ノ島釣行

 ← H24年12月26日《相ノ島 3番》

2012年、有森くんの釣り納めは瀬渡し潮騒丸に乗って相ノ島釣行で締め括られましたっ。

釣友を引き連れて佐賀から佐世保経由-フェリーに乗って来島し一路友住港へ・・・ご苦労チャン・・・

釣果は、超デカバンは出なかったものの良型グレでお土産はクーラーイッパイだった様です。

 

 

 [写真のポーズ決まってるヨ〜ン]

最後は大物?

←  H24年12月16日 《ロクロ島のシケ知らず》   

北北東の風やや強く有川湾は時化パターンですが、マイボートで出航して、今日の釣り場はココしか有りませんネッ。

しかし餌盗りが相当居るらしくコッバグロも釣れません、が、相棒の原くんには足の裏〜キロ級がボツボツと釣れてアセアセでしたが、待望の夕マズメには42〜46センチが4連発あがり最後は大物?でタカ切れしたので満足し納竿出来ました。

佐世保から義理息子がグレ釣りに

←  平成24年11月25日 《継子瀬にて》 

佐世保から義理息子がグレ釣りに来たので私としては珍しく早朝出航し実績のある継子瀬に上磯しました。

しかし、今日の継子瀬はボラの大軍団とアブッテカモの猛襲?に四苦八苦しましたが、午後1時過ぎには3人共に42〜43cmのグレがあがりました、目出度しメデタし。その後はパッとした型は釣れませんでしたが、お約束の夕マズメに47.8cmの良型があがり満足して納竿出来ました。

        ↓        ↓        ↓     

原さん(兄)

原さん(弟)
 

口太グレ46.5cm同型が2枚あがりました

←H24年 11月 4日《南風時化の継子瀬》  

天気予報では午後から強雨ですがサンデー釣士としては雨ごときに怯むわけには行かず、カッパ着て近場の継子瀬に上磯しました。最初はコッパグロに混じってオナガグロの30〜34cmがぼちぼち釣れて遂に4時前後で口太グレ46.5cm同型が2枚あがりました。余談ですが、これから時合だと張り切っている頃、南風の突風に煽られたマイボートのアンカーが外れたらしく、気がつくと、浅瀬にウネリでゴツゴツ鳴っていたので慌てて撤収し、早めの帰宅でした。あと1時間釣らへて欲ひかったナ〜

陸で釣りましたっ

”和風味処ゆうなみ”でお造りとなり生ビールの肴になりました

時化男の有森君に嬉しい外道のマダイ

←↑H24年10月14日《鯛ノ浦沖磯 畑島・内向》

北北東の強風、しかも天気予報は晴天?だけど一時小雨が・・・時化男の有森君が釣りに来たのだっ。

海はどこも時化なので、久しぶりに鯛ノ浦から瀬渡し船で、どうにか尾長の良形が望める畑島・内向に上磯したのですが、午後からは大ウネリが凄くて釣りどころじゃ無く、夕マズメの大物狙いは残念でしたが、ゲスト有森くんには嬉しい外道のマダイ君が来てくれました。

港に帰ると、午後から釣行の吉本君が”良か釣り”していたのでお願いしてゲッツ!!(陸で釣りましたっ)

それはその夜”和風味処ゆうなみ”でお造りとなり生ビールの肴になりましたとさ\ (゜□゜)/。

五島会員の長野君が50センチ程で優勝

森方塾秋期チヌ釣研究会

 H24年10月7日《 森方塾秋期チヌ釣研究会》 ↑       ↑       ↑       ↑                 ↑

 
日曜.AM1:45頃、福岡の森方塾生一行15名程が、あじかのブラックヘリオスで我々五島会員(オブザバー含む)5名が待つ船崎港に到着しました。

すでに北北東の風で波浪注意報が出て、使える磯も少ない中、月ノ浦・榊ノ浦・漁生浦方面へと順次瀬上がりです。
私は福岡の佐藤さんと1番クジで瀬上がりし、早速 大チヌ狙って夜釣りの準備して一秒も一睡もせずガンバって餌取り猛襲の中から ヤットコサッサ40センチ弱を一匹確保。
夜が明けるとコッパグロの猛襲にメゲて瀬替りやと船に乗りましたが強風で上がる磯が無く、何とも分らん所で釣り開始すると、中途半端サイズチヌとヘダイで意外と楽しく入れ食いし、気付くとチヌ7枚ゲッツ!内2枚キープし、あとはお帰り頂きました。
いざ、検量すると五島会員の長野君が50センチ程で優勝、瀬上がり相棒の佐藤さんが45センチで3位、私は44.9センチで4位でした。

ボクと原弟は上磯出来る数少ない好ポイントのノコギリで釣り開始

ボク以外は良形のオナガグレをゲット

 H24年9月22日《野案中島》 ↑       ↑       ↑       ↑                 ↑

 
グレ釣りに良い季節となりマイボートで行き先をチョコット迷ってヤッパリ野案中にレッツゴー。

吉本君と原兄をカベポイントに降ろしてボクと原弟はボートを繋いで上磯出来る数少ない好ポイントのノコギリで釣り開始。ボク以外は良形のオナガグレをゲットしました。ボクはバラシを演じてキロ級は無しですが、お土産マアマア型のオナガグレとイサキでクーラーは重くなりました。

マダイ(56p)

チヌ(55p) グレ(37p) イサキに ネリゴ(極小) と五目釣り入れ食い状態

H24年9月2日 《炎天下のロクロ島》  ↑       ↑       ↑       ↑                 ↑

 
一ヶ月以上ご無沙汰の磯釣りに原君を誘って午後から出航です。今回はロクロ島・水道側の離れ瀬に挑戦したのですが、まだまだ磯はウダル様な暑さで熱中症寸前だしミニグロしか釣れませんでしたが、5時頃から夕マズメってやつで原君に40センチクラスの良形イサキがヒットを皮切に、私にも写真の様にマダイ(56p) チヌ(55p) グレ(37p) イサキに ネリゴ(極小) と五目釣り入れ食い状態を楽しむ事が出来ました。
 

口太グレをエントリー

準優勝でカッコ良い賞品(自動膨張式ライフジャケット)を頂きました

H24年8月  TSURIKENフォトダービー2012の結果↑       ↑       ↑       ↑                 ↑

 
2011年12月10日〜2012年6月30日までのロングランにて開催された、TSURIKENフォトダービー2012」にH24年5月13日《立串 前の子島》 で釣れた口太グレをエントリーしとりましたら、準優勝でカッコ良い賞品(自動膨張式ライフジャケット)を頂きました。釣研さん有難うございますっ。 

口太グレ41cm

H24年7月29日
       《猛暑の野案中島・ノコギリ》  

  梅雨が明けて地獄の様な空模様が続くなか義理息子がクロ釣りに来たので、尾長グレ+イサキが釣れそうなポイントと思ってノコギリに上磯しましたが・・・釣果はマズマズで写真の他にお土産サイズの足裏以上グレと良形イサキがボチボチ釣れたのですが、磯は想像を絶する地獄の様な暑さで、多めに持参した飲料がアッという間に不足気味で熱中症寸前でした。写真は口太グレ41cmと尾長グレ42cm

尾長グレ42cm

お土産係りに誘った吉本くん 49pの口太グレ

和風味処ゆうなみ”に持ち込んで飲み会

 H24年7月14日 《有川湾・丸尾 沖防》↑        ↑        ↑        ↑                  ↑

 
転勤先から有森くんが釣りに来たので、吉本くんと原くんを誘ってマイボートで10時出港したのですが、ベタ凪ぎかと思いきや大ウネリで沖磯は何処も使えずサクッと引き返して、良形の尾長グレも釣った実績のある丸尾沖の防波堤での竿出しとなりました。

口太グレですがお土産係りに誘った吉本くんが49p&原くんが44pと良形が釣れて、足裏以上のグレで大きめの有森クーラーはお土産満タンになりました。

ちなみに、その夜はボクのチッと早めの誕生日会って事で49pグレを”和風味処ゆうなみ”に持ち込んで飲み会でした。

私がやっと獲った43p

原(兄)は今日イチの46p他

吉本くんはキロオーバーを10枚余り

 H24年6月23日 《ロクロ島》           ↑        ↑        ↑                  ↑

久々に土曜休業なので釣友3人に声を掛けて昼過ぎ出港したのですがウネリで釣り場が・・・。

そこでロクロの時化知らずポイントに4人で瀬上がりですが、今時珍しく全員キロオーバーの良形クチブトグレを複数ゲットです・・が、バラシも頻発でしたよン。写真は私がやっと獲った43p。原(兄)は今日イチの46p他。極め付けは吉本くんがキロオーバーを10枚余りと大漁でした。又、原(弟)は奥の不利なポイントでもキロオーバー複数ゲットしてましたが、写真撮って無いっ。

 相棒の原くんがマダイを上げた絵です。


←H24年6月17日 《有川湾・コウ瀬》



ここは夕方満潮の潮周りが最良?と思ってる磯ですが、なかなか上がるチャンスが少ない所です。
久々にやっと上がることが出来たのですが、今回はザンネンながらコッパグロの猛襲でキロ級のグレは出ませんでした。

写真は相棒の原くんがマダイを上げた絵です。

私の釣果は39pまで

八重樫くんは42pを釣って少し早めに納竿

原くんの一人舞台 46pを2枚

 H24年 6月 10日《頭ヶ島・福浦の波止》            ↑        ↑        ↑                  ↑

先週からの夏風邪が治まらないまま、やっぱし日曜日はグレ釣りデェーィ。昼メシ喰って風邪薬飲んでレッツラゴーッ。上の道路から双眼鏡で覗くと先客は八重樫くん一人だっ・・シメシメ。
原くんと二人混ぜてもらいましたが、私の釣果は39pまで、八重樫くんは42pを釣って少し早めに納竿し帰宅。その後は原くんの一人舞台で46pを2枚その他釣り上げて納竿となりました。

相棒の原くんは46pまでキロ級3〜4枚+イサキ(食べ頃サイズ)3枚

45pまでキロ級3枚

 H24年 6月 3日《若松・日の島の波止釣り》↑        ↑        ↑        ↑                  ↑

 
2日は博多で義理姪っ子の結婚式に出席し、日曜日はやっぱりクロ釣りがしたいので、式の途中でマエダ釣具にTELしてマキエ(解凍)をお願いし、太古丸で帰ってきました。

朝から釣友の原くんに同行をお願いしたのですが、有川湾が時化でマイボートを断念し地磯に決定・・先ず浜串港を覗くと先客Yくんが竿出ししてました、状況を聞くとサバゴが湧きまくりだそうですので断念。
次に思い切って日島の波止に遠征しました、大正解っ。

相棒は46pまでキロ級3〜4枚+イサキ(食べ頃サイズ)3枚と、私も45pまでキロ級3枚釣れました。

釣研FG五島支部 クリーンアップ&クロ釣り大会

2位が写真左の吉本くん 3位は写真右の下山くん

 H24年5月20日《釣研FG五島支部 クリーンアップ&クロ釣り大会》↑      ↑      ↑      ↑

 

“釣れようが釣れまいが椛島” 五島支部の釣り大会は殆どこのパターンですね(^ε^)

優勝者は写真に居ない洪川くんで、2位が写真左の吉本くん 3位は写真右の下山くんでした。

キロオーバーを釣った人は数人で、私は29pまでの検量用を数枚釣るのが精一杯でしたが、何故か写真のイサキは43pのキロオーバーでしたので、ジョージハウスのマスターにお願いして、半分はお造りで刺身と、半分はカルパッチョにして頂き生ビールでカンパ〜イ(*´Д`)=з 
    ↓        ↓        ↓        ↓        ↓        ↓        ↓

イサキは43pのキロオーバー

半分はお造りで刺身

半分はカルパッチョ

口太グレの大物が釣れました〜っ

本日は全員安打ですっ

  H24年5月13日《立串 前の子島》 ↑        ↑        ↑        ↑                  ↑

 
口太グレの大物が釣れました〜っ、(2.15kg−52.5cm)

*有川湾が凪ぎばーいっと思い、吉本くんと原くんを誘って出港しましたが、ウネリが大きいので前の小島にどうにか上礁しました。前半はハリス1.75号で釣り開始しましたが、コッパグロも釣れなかったので、後半上げ潮に変わる頃にハリス1.5号に替えて暫くすると足の裏サイズが喰いだして遂に・・チヌかと思いきやデカグロがヒット・・・ハリスがヤバーっ、慎重に丁寧にヤリ取りして久々の大物ですっ!嬉しかぁ〜っ。

*吉本くんは良形グレを数釣って、原くんもキロ級をゲットしとりあえず本日は全員安打ですっ。

全体でグレはこの三匹だけ

増本君は良形のマダイ

良形のイサキが数釣れました

←↑H24年5月4日  椛島で 《五島釣研グレ釣り大会》

優勝は==おれだ・俺だ・オレだ〜ッ・・・

草島で頑張りましたがグレは、なんと中途半端なコレ一匹しか釣れませんでした、

が・・・他はもっと釣れてましぇ〜ん。
全体でグレはこの三匹だけです
(;_;)。

なので大物グレじゃ無いけど優勝は優勝じゃーっ、文句あっかぁ〜てね。

なにせグレ釣り大会なんで勿論大物グレねらいでしたが良形のイサキが数釣れるのでオカズ釣りも頑張りましたヨン\(^_^)/

増本君は良形のマダイと小形の石鯛(サンバソウ)とかの他魚が釣れとりました(≧▽≦)

 本日の相棒八重樫くん 


←H24年4月22日《3連続の野案中島・ノコギリ》



4月に入ってから日曜日毎に有川湾がベタ凪ぎです。

なので・・やっぱり大好きなノコギリに上礁したのですがなにせ魚が釣れましぇん。

私には足裏グレしか釣れませんでした。
が・・本日の相棒八重樫くんには44p(1.5kg)の立派なオナガグレが・・・

 尾長グレを仲良く1匹づつ釣ってチョイ満足

←H24年4月15日《今週も野案中島・ノコギリ》

今回の相棒はボクより若いが釣り歴は永い大ベテランの原くんです。
2週連続で日曜日に有川湾がベタ凪ぎになり、マイボートで先週と同じ瀬で釣りしましたが、ダンダンとグレ釣況が厳しくなるのを実感します。

小潮だからか、潮が通さないとド遠投の深場でコッパグロとアブッテカモが喰って来て、潮が通すと足裏〜800グラムのグレをイッサキまじりで釣れ、夕マズメでやっとこさ42p(1.2s)の尾長グレを仲良く1匹づつ釣ってチョイ満足で納竿しました。

相棒は吉本君

今の時期としては中々の釣果

”和風味処ゆうなみ”に持ち込み、お造りで一杯

H24年4月8日《ベタ凪ぎの野案中島・ノコギリ》  ↑                ↑                ↑

日曜日に有川湾が凪いだのは今年になって初めて?なので、マイボートで渡磯する事にしました。
同行者を探し、釣友数人に声をかけて、やっと見つけた相棒は吉本君です。彼は最近、職場の移動で疲れ気味なのですが、快く付き合ってくれました(好きですね〜
\ (゜□゜)/釣りが)       AM11時ころ出港し 野案中島を覗くと、先客がイッパイでしたが、ボクの大好きなノコギリが空いていました、ラッキー(^-^)/・・。  ノコギリの釣座はチョット悪く、ボクより少し若い彼には下に降りたポイントで釣って頂き、私は高い釣座から遠投釣りで、グレ釣りが厳しい今の時期としては中々の釣果に恵まれました。

晩餐は40pオーバーのオナガグレと良形のイサキを最近行きつけの”和風味処ゆうなみ”に持ち込み、お造りで一杯やりながら、夜は更けていきました。

 42pの口太グレ

 ← H24年3月25日《鯛ノ浦沖磯 立瀬》    

昨夜は送別会も有って飲み過ぎィ〜で二日酔ィ〜で、出陣は正午前からになりました。本日は晴天で北西からの突風が終始吹き荒れた厳しい一日でした。

立瀬の好きなポイントは強風で使えず、後ろ向きの初めてのポイントでの竿出しになりました。開始後1時間余りコッパも何んも釣れんでアセアセ状態でしたが、ヤットコサ42pの口太グレが来てくれました。

その後は良形イッサキ1匹と足裏グレ数匹釣って納竿タイムとなったのですが、大好きなグレ釣りシーズンも段々、終りつつ有ると感じる今日この頃でしたっ。

アラカブ釣りの有森ジュニアは絶好調

待望の40pオーバーのクチブトグレ

  H24年3月18日《有森君 又々の又来たる》 ↑        ↑        ↑        ↑

 

今回は釣友の松井君が舟を買ったので、その舟で有川湾沖磯を目指したのですが、思いの外 ウネリが大きく

風裏となる立串の前島で釣りを開始しました。そこでは有森ジュニアのアラカブ釣りだけが絶好調で大人4人はコッパすら釣れず、昼過ぎに意を決して瀬替わり→野案中島を覗いたらノコギリ横のカベが意外と凪いでおり有り難く上磯し釣り開始・・相変わらずアラカブ釣りの有森ジュニアは絶好調でしたが、間もなく私に待望の40pオーバーのクチブトグレ様がヒット、これで今夜の飲み会用刺身がでけたーと一安心。

その後は42pまでのキロオーバーサイズの尾長様がボツボツ10枚ほどヒットしてお土産も出来て、帰りはクーラーが重たく、こころは軽くでした。

夜は海舟でクロの刺身とジュニアのアラカブの唐揚げの御馳走で多少飲み過ぎてしまった様だス。

ちなみにジュニア君が前の島と野案中島で釣ったアラカブの総数は40匹は下らず、しかも良形でしたネ。

 
    ↓        ↓        ↓        ↓        ↓        ↓        ↓

キロオーバーサイズの尾長

夜は海舟でクロの刺身とアラカブの唐揚げ
 

良形オナガ風の当たりを2バラシしました

40pオーバーのオナガグロ2枚他,良形のイサキ6枚

娘の婿殿と

H24年3月11日《今週も帆上げ瀬で》  ↑                ↑                ↑

春一番かなぁ? 西よりの強風の中、娘の婿殿と渡船で先週と同じ磯に上がりました。
ココは風よけの高い壁が有り足場も最高に良い高齢者に優しい磯ですが、先週頃からコッパグロが湧き上がり午後からの上げ潮は釣りにならなかったのですが、今週は潮が逆なので試してみたら、40pオーバーのオナガグロ2枚他と、良形のイサキ6枚が釣れてまづまづでした・・・が。。実は正直に言うと良形オナガ風の当たりを2バラシしました
(>_<) 

クロ・イサキ・タイと入れ食い

吉本名人 夕マズメに良形クロ

 H24年3月5日《帆上げ瀬で、おかず釣り?》  ↑

 釣りだして干潮までの約1時間はクロ・イサキ・タイと入れ食いの感じでしたが、午後から上げ潮に変わったトタン、餌取りコッパグロの猛襲が始まりまして、遠投・近投何処に入れてもキーパーが釣れず、夕マズメにキロ若が釣れて納竿しました。風雨にさらされ+貧果でココロは折れそうにサブかったけど、最近新調した高級磯スーツのお陰様で身体的には快適でしたヨン。須崎の地磯での吉本名人は夕マズメに良形クロをドカーンと入れ食いさせてました。スゴイですネ。

良型グレを釣り上げ見事に3匹重量での優勝

吉本名人

 H24年2月19日  《第3回若松瀬戸磯釣大会》  ↑

”若松ふるさと塾”主催のグレ釣り大会(早朝5時半-若松港集合)に行って来ました。

一番クジで(ツルセドのワンド水道側)に私と同礁した吉本名人が見事な釣技で次々に良型グレを釣り上げ見事に3匹重量での優勝を飾りました。流石です!

【3匹重量】

優勝 吉本 嘉済 4.51kg

2位  増田 達郎 4.39

3位  田中 盛光  4.15

4位  浜上 勝利 4.07

5位  江口義也  3.88

【他魚の部】
優勝 原 敏雄 マダイ 53.5p

苦節15年 !! 遂にこの大会での優勝の栄冠を達成

優勝 江口留政       3位  吉本嘉済

 H24年2月5日《第15回エフ・ピーマエダ杯グレ釣り大会》椛島・若松一帯  ↑       

 
 ヤッチャイました・・・苦節15年 !! 遂にこの大会での優勝の栄冠を達成だっ。風邪気味でしたが釣りとなると気合いで体調を整え早朝から出陣です。相棒(近藤君)が引いた(くじ引き)瀬上がり2番は椛島アマミの右奥でした、予想に反して魚が食渋りエサ取りも雑魚もなんも見えず当たりも無いのに付餌は2回に1回くらい溶けて無くなります・・・解らん?2〜3時間に1っ回位ヒットしたグレは46〜48pの何れも良形でしたので3匹重量のルールで運良くウイナーとなり賞品の高級リールをゲット。主宰の前田さんと協賛各位に感謝しこの場を借りてお礼申し上げます
m(_ _)m 
 

【三匹重量賞】

優勝 江口留政    4.65s

2位  近藤吉安    4.12s

3位  吉本嘉済    4.05s

4位  浜野信久    3.97s

5位  川口季史    3.86s

【一匹大物賞】

優勝 川口季史 48.8p 1.85s

釣研FG五島支部クロ釣り大会

増本氏が連チャンで良形を

H24年1月29日《釣研FG五島支部クロ釣り大会》    ↑        ↑        ↑        ↑

 

ハナ曇りのグレ釣り日和りに恵まれて、五島支部会員46名の参加をもって椛島一帯で開催されました。

今回は全体に数も型も良く釣れてます。私たちは大小瀬に乗る事が出来ました。
釣り開始間もなく増本氏が連チャンで良形を掛けるので焦りましたが、最終的に50pオーバーが釣れて優勝を意識したのですが、今回の検量ルールは一匹重量でした。
長寸では一等賞でしたがスマート過ぎて今大会でも四等賞に納まりましたヨン・・・
    ↓        ↓        ↓        ↓        ↓        ↓        ↓

 


 

 ←H24年1月29日《釣研FG五島支部クロ釣り大会》

一匹重量 10位入賞者
 

 優勝  中野 重紀    1.90s

  2位  生田 一三  1.86 

  3位  木下 寛輝  1.86 

  4位  江口 留政  1.79 

  5位  濱上 幸喜  1.78

  6位  浜野 信久  1.78  

  7位  山下 一美  1.77  

  8位  原  一太       1.71  

  9位  下山 薫   1.69  

10位  吉本 嘉済   1.69 

渡船で畑に上磯

今日の相棒=近藤君

お造りにしてもらって新年会

H24年1月15日《鯛ノ浦沖磯 畑島》

 

天気晴朗なれど(北よりの)風強し・・・マイボート(有川湾)を諦めて南側に変更し、渡船で畑に上磯。今日の相棒=近藤君は尾長と口太の40〜46cmでクーラー満タンです。

小生もキロ級平均が数釣れてマアマアの釣果で満足な一日でしたので、久々に料理屋さんでお造りにしてもらって新年会(数度目)という名目で呑みましたっ。

娘の婿殿とクロ釣り

 

平成24年1月8日 《新年2度目の釣行・継子瀬にて》

 

娘の婿殿とクロ釣りに有川湾沖磯に出港しましたが、

ウネリが大きく危険そうなのでサクッと引き返し直ぐそこの継子瀬に上礁しました。

変潮でなかなかサイズがあがりませんでしたが、夕まずめには婿殿に新記録達成の41pと46pの良形がしっかり来てくれました・・・私にはキロ級は来てくれましぇんでしたが一安心(><;)

検量サイズ?がヒット

2位 濱江 総一郎    優勝 原 一太  3位 吉本 嘉済   

H24年1月2日  椛島 《恒例の五島釣研新春初釣り大会》

 

新年1日は年始回りで大量のアルコールを摂取し過ぎて釣り大会当日は完ぺき二日酔い状態での出漁・・・

久々の椛島ですが午前中の釣座は期待外れで午後2時ころ意を決して瀬代わり→奥の院の一級ポイントが空いていたっ・・シメシメ・・案の定一投目からクチブト45pオーバーがヒットしました、その後もキロ級がボツボツ来て4時半納竿前30分には遂に検量サイズ?がヒット、慎重にやりとりしてタモ入れ成功し納竿。

残念ながら3位入賞はなりませんでしたが今年の初釣りも良い釣果に恵まれました。

 

一匹長寸 優勝 原 一太   48.0p  写真中央

       2位 濱江 総一郎 47.9p 写真 左

       3位 吉本 嘉済   47.8p 写真 右

       4位   江口 留政   47.6p

       5位 増本 哲雄   47.5p

今年の釣り納め

 

 

H23年12月31日 2003釣り納め《野案中島・ノコギリ》

 

今年の釣り納めは 私的には有川湾沖磯でNO1超A級ポイントと思っているノコギリでした、

クチブト42p.オナガ40p迄でしたが良形のクロが多数釣れて良い締め括りが出来ました。

有森君のグレの最大は49pの大物

H23年12月25日《有森君またまた来たる》

 

今回は釣友 松井君のリベンジって事で前回と同じ磯(ホアゲのワンド)での釣行です。

又もや有森君の時化男パワーが全開で、風雪の悪天候でしたがリベンジの方は成功した様です。有森君のグレの最大は49pの大物です。

H23年12月4日《第3回-釣研FG長崎県3支部合同グレ釣り大会》

 

県南支部がニューレインボーで、県北支部はエルシア サクセスで来島し五島支部と合流し、参加数50名ほどで椛島一帯の磯・夜中から正午納竿・2匹合計長寸のルールで競われました。 

私は一秒も寝ずに頑張りましたが、夜釣りでは餌取りの猛襲で40cm2枚だけでした。

昼釣りで納竿寸前に46cmほどが釣れて10位入賞に滑り込む事が出来ました。 

 

優勝  県南   田中 一義   96.2cm

 2位  五島   古木 秀隆  94.5cm

 3位  県南   相良 忠宏  92.2cm

 4位  五島   貝屋 誠一  92.9cm

 5位  県南   山本 康平  92.0cm

  6位  県北   中川 雄二  90.4cm

  7位  県南   小川 尚太   91.8cm

  8位  県北   平野 芳幸  88.8cm

  9位  県南   兼松 真純  91.4cm

10位    五島   江口 留政  86.2cm

今年春、熊本に転勤して行った有森君

クチブト50Cmオーバー

H23年11月20日転勤族の有森君来たる《鯛ノ浦沖磯》

 

今年春、有川から熊本に転勤して行った有森君が五島のクロ釣りが忘れられず、遂にシビレが切れ、仲間連れてやって来ました、最近時化男に成り下がった様ですが、魚運は切れて無いらしく、強風の中どうにか風裏の磯(ホアゲのワンド)に5人並んで釣り開始後約2時間は全くクロの姿が無かったのですが、その後は尾長グレが入れ食いで私のクーラーもオナガ40cmオーバー6枚とクチブト50Cmオーバー1枚+おみやげ用の足裏以上で満タンです、もちろん全員安打&全員バラシ有りで楽しい釣りが出来ましたバイタ。

吉本・浜上・宝亀の3選手

代表は浜上幸喜選手に決定

H23年11月13日《釣研FG五島支部・WFG代表選考会》

 

24年度WFG本大会出場の支部代表を決定するための予選会が、早朝から鯛ノ浦港沖磯一帯においてトーナメント方式で決行されました。

1回戦・2回戦と勝ち上がり決勝戦に挑んだのは左から吉本・浜上・宝亀の3選手です。

さすがにスーパー良く釣るメンバーが勝ち上がってますが、代表は浜上幸喜選手に決定です。

 

44cmのグレ

カルパッチョ+刺身

パエリヤ

H23年11月6日《頭ヶ島・福浦の波止》

 

釣友 近藤君のボートでママコ瀬を目指し出港するも防波堤を出ると、かなりの波浪にビビッてあっさり帰港し、次の手は地磯軍団で頭ケ島へ車移動すると先客無しでラッキー\(^_^)/

しばらくコッパグロ釣って遊んでいると写真の44cmが来て、あと38cm2枚と足裏サイズ10枚キープして、今夜もジョージハウスで(カルパッチョ+刺身+足裏でパエリヤ)にして頂きました。うんまかったッス。

良形のグレ

浜上くんが釣り上げた52センチ2.3キロの大物グレ

カルパッチョと刺身&足裏グレをハーブ焼き

H23年10月30日《久し振りの鯛ノ浦沖磯》

 

午前中は雨降りでしたが、皆さん良形のグレさんを沢山釣ってましたね〜        圧巻は浜上くんが釣り上げた52センチ2.3キロの大物グレです\ (゜□゜)/                 私は晩餐にギリギリ刺身サイズのオナガグレをジョージハウスに持ち込み、カルパッチョと刺身&足裏グレをハーブ焼きにして頂きワインでカンパーイ

森方塾秋期チヌ釣り大会

本命のチヌは全体でコレ一匹

商品の磯竿をブン取り上機嫌

H23年10月16日《 森方塾秋期チヌ釣り大会》 ↑↑↑

 

10月16日 恒例の森方塾秋期チヌ釣り大会に参加して来ました。残念ながら今回も強風時化で西側の磯が使えず、奈良尾の地磯周りでの釣りになりました。

 

【写真中央】本命のチヌは全体でコレ一匹で厳しい釣果です。従って2位以下はクロの一匹長寸です。

 

【写真右】地元から3人参加しましたが、私以外は上位入賞で商品の磯竿をブン取り上機嫌ですねぇ・・・

 

私はこのブログ主の江口元手延製麺から協賛の五島うどんセットとフシメンを段ボール2箱お運びしただけの良い釣り人に終わりました。

久しぶりのグレ釣り

キロオーバーの尾長グレ

H23年 7月 3日 《立串 前の島》

 

久しぶりのグレ釣りは江浜君と二人で野案中島に向かいましたが、磯は残念ながら満員御礼でした。

次に向かったのは立串前の島でしたが、写真の様なキロクラスが2枚と足の裏を多数釣る事が出来ました。

しかし江浜くんもボクもデカバンが一発づつ喰ってきましたが、ヘタこいてバラシてしまいました。やっぱしココは良形のクロがおるばい。\ (゜□゜)/

  H23年 7月10日 《またまた立串 前の島》

 

  今回は若手のホープ浜上君を誘っての釣行でした。

  別の磯に行きたかったのですが、ゲストの要望で

  先週と同じ磯に向かったのですが南東の風が強く

  時化ていてA級ポイントは竿出し出来ずガッカリ。

  しかし、さすがです・・キロオーバーの尾長グレを

  ちゃんと釣ってる浜上君でした・(^o^)v-~~~

釣っても釣ってもチヌしか釣れません

イサキの40pオーバー 

夕方はもっと濃霧に

H23年5月5日

           《ママコ瀬はチンだらけ》

 

有川では黒鯛=チヌのことをチンと言います?!この日は午後からすぐそこのママコ瀬に渡ってクロを釣りに行ったのですが・・・釣っても釣ってもチヌしか釣れません(>_<)写真の様な50p前後を6匹と足裏サイズのグレ6匹釣って時化て来たのでサクッと納竿です。これからしばらくはチンだらけです、

クロ釣りてぇ〜

H23年5月8日《霧の野案中島・ノコギリ》

 

 

    この日は最高の無風・ベタ凪ぎなので釣友を伴ってマイボートで出

     港し、超A級ポイントが空いていたので上礁したのですが・・・

    イサキの40pオーバーは釣れたものの、クロはオナガとクチブトが

     それぞれ足裏〜800グラム数枚ずつとイマイチの釣果でした。

    出港時は結構な霧でしたが夕方には晴れるだろうとタカをくくってま

      したが、夕方はもっと濃霧になりすぐそこの梶瀬も霞んでいます。

    当然、帰港時航海中の視界ゼロって感じでGPSプロッターとレーダ

      ーを装備してはいますがスゴーく大変でした(怖かった>_<、 

45pのオナガ

この夜も島の家さんで飲み会

H23年4月17日《鯛ノ浦沖磯 立瀬》

 

この日の釣り客は私一人だけでしたが、あすか丸の船長は快く瀬渡ししてくれました。

ここは大好きなポイントですが、今日は良形が釣れる気しないのでハリス1.5号で釣り開始・・。

ところがどっこい、45pのオナガが喰ってきました、私の実力ではバラシの確率か約80%ですっ。

が、慎重に丁寧にやりとりしてハリスはザラザラながら どうにかタモ入れ出来て嬉しい一尾です。

例によって、この夜も島の家さんで飲み会を急遽開催しまして、翌日は二日酔いとなったのでした。

キロオーバーのグレ

旬のイサキ

グレ釣り名人(迷人?)の下山薫くん

H23年4月10日《野案中島・ノコギリ》

 

ここは有川湾の中でも超A級ポイントだと認識する磯です。まだ釣れにくい時期ですが尾長グレのキロオーバー混じりで、キーパーサイズ8匹と、そろそろ旬のイサキが14匹釣れて帰りのクーラーが重たくなりました。

今日の相棒はグレ釣り名人(迷人?)の下山薫くんです、さすがです、口太グレの43pを筆頭にグレ+イサキを多数釣って遊んでおりました。

チヌ 50.5pが釣れて一安心

相棒は32歳の村上くん

 

70p4.4kgの平スズキ

H23年3月18日《有川湾・コウゼ》

 

転勤間近の有森くんと思い出深いコウゼに・・・本当はクロを釣りたかったのですが、クロは全然喰ってくれませんでした (ノ_・。)・・・が、

代わりに良型のチヌ 50.5pが釣れて一安心。

←↑H23年3月27日《立串 前の島》

 

今回の相棒は32歳の村上くんです、彼はグレ釣りよりもルアーマンです 一投目にヒットした70p4.4kgの平スズキには驚かされました。

H23年2月20日《釣研FG五島支部》

 

晴天には恵まれたものの北北東の風やや強い中

釣研FG五島支部恒例のクロ釣り大会が44名の参加者をもって椛島と佐尾方面で開催されました。

水温がそうとう冷たいのか全体的に釣果は良く無かった様でしたが上位はさすがの釣果でした。

写真は優勝者(3匹4.41kg)の中島好則さんが表彰時に欠席で2位右側(4.33kg)が和田靖さん3位左側(3.95kg)川上昌利さんです。オメデト〜ぅ

2位右側(4.33kg)が和田靖さん 3位左側(3.95kg)川上昌利さん

優勝(中)有森くん 2位(左)松井くん  3位(右)浜上くん

2kgオーバーのデカグロを釣った有森くん

H23年2月6日《FPマエダ杯グレ釣り大会》

 

上位陣の検量魚を見てビックリコキました\ (゜□゜)/ズゴッ・・

優勝(中)有森くん(3匹5.29kg) 2位(左)松井くん(3匹4.96kg)3位(右)浜上くん(3匹4.95kg) それぞれ豪華な賞品を受け取りました。良かっチョな〜  

H23年2月6日《FPマエダ杯グレ釣り大会》

 

優勝した有森くんは,2kgオーバーのデカグロを釣って 1匹大物賞もゲットし、過去14回大会初のW優勝と3匹5kgオーバーの二つの記録を残して 来月には転勤です。五島での最高の思い出になることでしょう。

  

日の出とともに阿瀬津の岸壁から出港

食事処「海舟」の大将

H23年2月6日《FPマエダ杯グレ釣り大会》

 

日の出とともに阿瀬津の岸壁から出港。

今年最高のベタ凪ぎで、第一あすか丸の船窓には御光が差したので思わずバチリ!!

これで今日の釣果が楽しみだいっ・・・と思ったのですが、結果は小生のばやいカンペキズーボの仕打ちを 味わいました(;_;)ヘタクソー

H23年2月6日《FPマエダ杯グレ釣り大会》

 

すぐ隣の磯場に降りて竿出ししていたのは食事処「海舟」の大将でした・・

早朝からネバって午後2時過ぎて、ついに良形のクロ47.5pがヒット  上位入賞目指して良形をあと2匹だ、納竿まで残り2時間ガンバレっ

口太グレ45.5p

有森君,釣り天国の五島には、もう2ヶ月ほどでサヨナラ

松井くんは最後の一投で今日イチの グレ48センチ

H23年1月23日《立串 前の島@》

 

珍しく有川湾が凪いだので今年初のマイボートで出港です、

午後1時半頃口太グレ45.5pがあがりましたっ。

H23年1月23日《立串 前の島A》

 

釣りキチの有森君は今年の3月で熊本に移動だそうです、

釣り天国の五島には、もう2ヶ月ほどでサヨナラですね・・・今の内に頑張ってドンドン釣れ〜〜〜 

H23年1月23日《立串 前の島B》

 

スロースターターの松井くんは最後の一投で今日イチの48センチを釣りました・・イエ・・釣れました?

尾長グレでクーラー満タンでした。

お造りで飲み会

口太グレ(49p)の大物を釣り上げた松井君

H23年1月4日《鯛ノ浦沖磯 立瀬》

 

新年2回目の釣行は強風の中、

 午後からの出発です。

30pオーバーをキープしていると、PM4:00頃から40p〜43pの

キロオーバー尾長グレが5匹まじってPM5:30納竿で久々のクーラー満タンでした。

H23年1月4日《その夜》

 

尾長グレが美味そうなので、『島の家』に持ち込み御覧のお造りで飲み会を開催しました。

刺身+煮付け+唐揚げ+寿司+

煮付けの残り汁で有川うどんの地獄炊き・・・ビールに焼酎飲んでも

リーズナブルです。

 ”大将いつも有り難う”

H23年1月10日《成人の日》

 

《成人の日》とは全く関係の無かった松井君は釣友達と3人で鯛ノ浦・沖磯にグレ釣りに行きましたが、数は出なかったものの御覧の口太グレ

(49p)の大物を釣り上げて満足顔です。 

恒例の初釣り大会

憎っくき相棒のN田一志

H23年1月2日           《恒例の初釣り大会@》

時化続きでしたが、この日は椛島で釣り大会をする

 事が出来ましたが寒波のせい?

 クロが食い渋って ましたっ・・・

ボウズを覚悟した納竿15分前!待望の45pオーバーが出ましたっ・・

H23年1月2日             《恒例の初釣り大会A》

コイツは一緒に上磯した憎っくき相棒のN田一志です  (`ε´) 。私に引き続き納竿寸前にわずかにサイズアップしたクロをあげて優勝をひっさらいやがって賞品のガマカツの磯竿をバカヅラ下げて抱いている絵です。

尾長グレ45.5センチ 

転勤族(単身赴任)の峰君

H22年12月12日        《鯛ノ浦沖磯.畑島》

 

午後から渡礁しましたが一匹目から46pほどの口太グレがヒット、その後30〜35センチの足裏サイズが

ボチボチとヒット、そして午後3時半頃ついに写真の

 尾長グレ45.5センチが釣れました。

H22年12月12日         《鯛ノ浦沖磯 2》

 

今日は転勤族(単身赴任)の峰君と同行。

彼は完璧なビギナーでしたが七転八倒しながらも写真の尾長グレ35センチを釣り上げることが出来ました。

口太グレ

口太グレ

釣研FG五島支部のWFG予選会 

平成22年10月23日ロクロ島

 

せっかくの休日でしたが、あいにくの時化模様で仕方なく時化知らずポイントに上磯したものの・・・

しばらくは、外道ゲドウのオンパレードでしたが最終的に42〜43pの口太グレが釣れました。

平成22年11月14日

 

釣研FG五島支部のWFG予選会が

鯛ノ浦沖磯にてトーナメント形式で行われました、結果 一位の下山薫 くんと 2位の堀江 寿樹くんの2名が来年の本大会の出場者に決定となりました。 オメデトーゥ・・・

森方塾 春期チヌ釣大会

グレの部一位の松本 泰博さん 

料理屋さんで・・・ 

平成22年10月3日

《森方塾 春期チヌ釣大会》

 

雷雨注意報でしたが 恒例の釣大会が五島の若松瀬戸近辺の磯で決行されました。時化で危険を避けるため、例年この時期チヌが良く釣れるポイントが使えず貧果に終わりましたが、順位は優勝(中央)中村 信二さん 二位(左)浜崎 博さん 三位(右)宮城 信幸さんでした。オメデトー  \(^_^)/

平成22年10月3日

《森方塾 春期チヌ釣大会A》

 

グレの部一位の松本 泰博さんは
去年も良形グレでニコニコの写真が
有りますが、チヌ釣り大会ですから
次はチヌも釣って貰いたいものです
 (^o^)v-~~~ 

H22年10月9日《グレ釣りの夜》 

 

 

わたしの尾長グレさんは40センチに届かないサイズでしたが、ほかに良形のイサキが数釣れたので、例によってこの夜も料理屋さんで・・・

継子瀬にて 口太グレ43センチ

有森くんが立派な青物をゲット

40センチオーバーの尾長グレ

H22年6月13日 《継子瀬》

 

天気予報では雨で時化の予想なので近場の磯でクロ釣りです。
口太グレ43センチを筆頭に それなりの釣果でした。

H22年9月26日《頭ケ島》

 

今年の夏は特別に暑かったので、汗疹症の小生は、もっぱら船での夜釣り(イサキ)ばっかりでしてが、やや秋めいて来たので久々に波止釣りに出かけました。相棒の有森くんが立派な青物をゲットしましたので、この夜は行きつけの料理屋さんで飲み会でした・・

H22年10月9日 《グレ釣り》

 

グレ釣りシーズン到来かな?と言うことで久し振りに瀬渡し船で佐尾鼻〜ツル瀬戸周りに出かけましたが、まだまだ釣果はいまイチです。

40センチオーバーの尾長グレを獲ったのは7人中写真の3人だけでした。

クチブトグレ 45センチ 江口留政

キロオーバーのクチブトグレ

諸泉くんに良形の尾長グレ

 H22年5月9日 ロクロ島

 

有川湾の沖磯は何処もウネリが大きく危険なのでロクロ島の時化知らずポイント(水道側)で遊ぶ事になりました・・

期待はしていませんでしたがキロオーバー(45センチ迄)のクチブトグレを2枚づつ手にする事が出来ました\(^_^)/ 

 H22年6月6日

 久々の凪に恵まれて野崎島まで遠征してみました。

そこそこの釣果でしたが、同行の諸泉くんには良形の尾長グレも釣れました。 

地グロ  45p 1.5kg

 ←(写真左) 1月30日(土曜日)


転勤族の有森君は
北魚の目方面の地磯へ釣行し
地グロの 45p 1.5kgをゲット!
他にも足の裏〜35p位のクロが
15枚程釣れたそうです。


有森君が釣った58.8センチのチヌ

      H22年5月5日 源五郎島 (写真右上)↑
 

    連休最終日に適当に上がった源五郎はチヌの入れ食いでした・・ 

   相棒の有森君が釣った58.8センチをカシラに二人でチヌ20匹と

   オマケの38センチのオナガグレ、その他で楽しい釣りが出来ました。

クチブト46センチ

優勝 小瀬良 博己 

釣研FG五島支部のグレ釣り大会 優勝 小瀬良 博己 二位 吉本 嘉済 三位 濱上 勝利 

平成22年1月10日(日)

午後から頭ケ島の青バエにて今年初のキロオーバーサイズ出ました

写真はクチブト46センチです

その他43センチと足ウラが多数釣れましたっ\(^_^)/

1月24日(日)釣研FG五島支部のグレ釣り大会が40数名の参加を要して若松と椛島一帯で開催されました。

結果は三匹重量で優勝 (写真中央)小瀬良 博己 重量:4.76kg

二位 (左)吉本 嘉済 重量:4.34kg 三位 濱上 勝利  重量:4.22kg
でした。それ以下も全体に好釣果に恵まれ良い釣り大会でした。 

有森君の釣果  尾長グレ45センチ

濱江総一郎くんが釣ったグレ

                         

09/11/14  有森君の釣果

 

転勤族の有森君は 郷里の釣友と供に瀬渡し(鶴丸2号)で鯛の浦沖 磯へ瀬上がりし、尾長グレ45センチまでの良形が鬼の様に釣れたそうです。                  

 

平成22年1月2日      

 

恒例の初釣り大会が椛島で行われました。ウイナーの濱江総一郎くんが釣ったグレは49センチの大物です。

45センチのグレ

下山くんに良形のグレ(47センチ)がヒット

釣り仲間の吉本くん

11月8日  《継子瀬にて》

久々にマイボートで出港したのですが調子が悪くスピードがいつもの半分しか出ません (ノ_・。)・・

海況も怪しいので 仕方なく近場の離れ瀬に上礁したのですが・・・

何故かしら釣り開始間もなく下山くんに良形のグレがヒット、その後3人ともに40〜47cmが数匹ずつ釣れました。この磯でこんな釣果は初めての事です。

県南支部がバラモンで県北支部はエルシア サクセスで来島

長崎県3支部合同グレ釣り大会

11月1日に釣研FGの長崎県3支部合同グレ釣り大会が開催されました。県南支部がバラモンで県北支部はエルシア サクセスで来島し五島支部と合流して、当日は椛島一帯での予定でしたが天候が優れず若松瀬戸から田の子島一帯での釣りとなりました。全体的に良型グレが沢山連れていました。  

                                                                                                      (結果は…↓)

釣研トップ田中釣心さん

 

 

 

 優勝  県北   加藤 直    

  2位  県南   久田 誠司  

  3位  五島   濱上 幸喜

  4位  県南   兼松 真純

  5位  県北   桃田 弘行

  6位  五島   掘江 俊樹

  7位  県北   平野 芳幸

  8位  五島   下山 薫

  9位  県北   大田 政治

10位   県南   松尾 光一  

優勝した 加藤 直 氏(中央)は副賞で手にした有川そだち(当サイト主の江口元手延製麺)で使用している塩を作っている塩屋さんだそうです。   知りませんでしたっ。\ (゜□゜)/    

            上位3名はこちら↓↓↓

今釣り大会の特別ゲストで釣り界では超有名人の釣研トップ田中釣心さんです。                       11/1

森方塾にも所属する近藤邦彦君

 11/1(写真左)久田誠司さん  (中央)加藤直さん (右)濱上幸喜さん

 優勝 県北 加藤直  2位 県南 久田誠司  3位 五島 濱上幸喜   副賞は「有川そだち」

10月11日  釣り仲間で森方塾にも所属する近藤邦彦君は今の季節は石鯛釣りが多い様です。

早朝から、マイボートで有川湾の沖磯へ上磯し、3.5sから1.5sまで5枚もの本石を釣り上げる事が出来ました。 

森方塾チヌ釣大会 上位3名

クロ特別賞1位 松本 泰博  

福岡の松本 泰博さん、満面の笑み・・・・上五島にて

9月27日 若松.月の浦周辺の磯一帯で私も所属する福岡の釣クラブ 森方塾チヌ釣大会が開催されました。検量には さすがに沢山のチヌが持ち込まれました。結果は

優勝(中央)平石 伸行  53.0p    第2位(左)川崎 大輔  52.0p   第3位(右)新 裕一郎  50.5p

 その他                第4位 浜崎 博  47.8p      第5位  田口 守  47.5p      クロ特別賞               1位 松本 泰博            2位 江口 留政             3位 浜崎 博                                          

                  

私と一緒に瀬上がりして今のシーズンとしては良形(45.0p)のクロを釣った福岡の松本 泰博さん、満面の笑みです。               9/27

いさきの塩焼き

チヌ名人浜崎 博さん

森方 敏進さんは釣り界の大御所

9月13日の釣果いさきを塩焼きにしました。煮付けにも良し、刺身でも良し、いさきは美味しいですよ。

 <チヌ御用のハマちゃん>で有名な浜崎 博さん、何故かしら手には良形のクロが・・・。               9/27

 主宰の森方 敏進さんは釣り界の大御所です、おかげ様で商品がいつも超豪華なのです。           9/27

グレは45センチ

3キロオーバーの真鯛

グレの姿造り

昨日(6月26日)の天気予報では雷雨の予報でしたが実際はハナ曇りのグレ釣り日和でした。今日は本命潮では無かったものの…
私のグレは45センチ、同行者のA君は3キロオーバーの真鯛と43センチのグレ、Y君は47センチの巨大イサキ、その他が上がりました〜っ

有川湾沖磯で口太グレ47.5センチを頭にそこそこでした、今日はプロの料理人にお願いして一杯やってま〜すっ。(21年7月5日)

つれましたぁー。平成21年6月21日(日曜日)

有川湾の沖磯での釣果です。

口太グレ50.5センチ2.2キロの大物です。

久々の大物で嬉しいです。


釣りの写真アップも久し振りにしました。
本当に申し訳ありませんでした。

口太グレ

「第2回クリーンアップ&チャリティ・グレ釣り大会」を釣研FG五島支部(江口留政支部長)の主催で行ないました。町内の大人から子供まで24人が参加、町内の防波堤や磯でグレ釣りに挑戦し、23センチ以上の3匹以下の重量で順位を競った。優勝者は、一般の部=中野重記、ジュニアの部=立木貴史(敬称略)。釣った魚を特別養護老人ホームなど4つの施設に贈り、参加者はそれぞれの釣り場をボランティアで清掃した。今後も、「磯のクリーンアップとチャリティ」を目的に毎年行なう予定でいます。

 ↑7月16日昼過ぎ、久しぶりにMYボートで釣友2名と近場の小島にクロ釣りに出かけました。Y君が今日一サイズの口太グレ47.5センチを上げました。プリプリと太って旨まそうです。H君の尾長43センチ、私の口太42cmを筆頭に各人10尾程の釣果。

↑7月22日(土)・曇り・今回は釣具メーカーの釣研の取材に同行釣行です。左はS君がグレを掛けたところです。S君が上げたグレは口太46センチの良形でした。他は大分から来られたテスターのIさんが口太&尾長の良形を次々と上げていました。

10月8日(日)。福岡の森方塾の釣り大会に参加して奈良尾の地磯での釣果です。夜明けの3時過ぎに瀬上がりして13時納竿。写真の魚は43Cmほどでした。三位入賞は出来ませんでしたが、私もグレ30Cm以上だけでも20匹くらいは釣れました

 ↑11月5日、釣研FG五島支部ではWFG本大会出場者選考トーナメントぐれ釣り大会を行いました。左の写真は惜しくも決勝戦で敗れ準優勝の下山薫君の魚を掛けてやりとりをしている模様です。中央の写真は支部代表に決定した優勝者吉本嘉済君の勇姿。右写真は、優勝者(左)吉本、準優勝(右)下山両氏の喜びの顔。決勝戦の磯名は、鯛ノ浦港沖ヒル瀬。

↑11/12・いよいよクロ(グレ)の時期となり先週に続き、鯛ノ浦港沖 寒古(カンコ)島でのプライベート釣りです。写真のクロは40センチほどですが、この後、夕まずめになるとイサキが入れ食いとなり口太グレも45センチがあがりました

 ↑12月24日有川湾が日曜日に凪ぎになったのは久し振りなので、マイボートで小串の離れ波止に行きました。写真のように38cm位ばかりで、大物は来ませんでしたが、この形がぼちぼちと…10匹。外道に、いかが来てびっくり。

↑平成19年2月4日前田釣具店主催の釣り大会開催48人参加。久々の椛島での釣りでした。写真は43センチのクロです。ちなみに3匹重量3.2キロで6位でした。
優勝 近藤邦彦
2位 濱上幸喜
3位 江口直秀

↑2月25日釣りクラブの仲間と椛島釣行。クロ一匹長寸優勝のミニ大会と言う事になり、全員必死に頑張りました。
成績は、44.5cmのクロを釣った江口留政(中央)が僅差で優勝、右が2位の原敏雄さん、左が3位の増本哲雄さんです

釣研FG五島支部 グレ釣大会
平成19年3月11日 9時出港 17時納竿 釣場(椛島一帯) クロ23p以上3匹重量 参加人数 28名(オブザーバー含む)・天候 曇り時々晴れ (小潮) 北よりの風やや強い。少々時化気味でしたがほとんどの参加者にキロオーバーのグレが釣れていたようです。各社メーカー様より協賛頂いて全員に参加賞が行き渡りましたこの場を借りて御礼申し上げます。有難うございました。
優勝(写真中央)戸塚弘一・3匹4.36s
2位 (写真右) 西崎恵三 4.34s
3位 (写真左) 中野重記 4.18s
4位 江口留政 3.79s
5位 中島好則 3.63s
6位 濱江総一郎 3.38s

5月20日

釣りクラブ(吉本嘉済・主催)五島釣研のグレ釣り大会が椛島一帯の磯を使って行われました。


結果

優勝(中央)永田一志 45.8p
2位(左)宝亀智昭 44.6p

3位(右)原一太 44.3p


大部分の人がキロオーバーのグレを釣って満足の釣り大会でした。

釣研FG五島支部主催で第3回クリーンアップ&チャリティ・ぐれ釣り大会

釣り大会の優勝者は(中央)長江健 2位(左)吉本嘉済 3位(右)濱上幸喜 

今年も10月21日 釣研FG五島支部主催で第3回クリーンアップ&チャリティ・グレ釣り大会が無事終了いたしました。
優勝者は(中央)長江健 2位(左)吉本嘉済 3位(右)濱上幸喜 
趣旨は磯の清掃と、参加者の釣果を特別養護老人ホームに寄付するというものです。
各釣り具メーカー様より協賛頂いて全員に参加賞が行き渡りました、この場を借りて御礼申し上げます。
有難うございました。

最近の上五島の釣果情報

過去の上五島・釣果情報

 

 

 

 

 

 

TOPページへ

五島手延うどん「有川そだち」単品・あごだし

五島うどん・贈答好適品

五島特産品(買物代行)

五島特産品・自然塩・とっぺん塩

うどんのレシピ・五島名物・地獄炊き


九州・五島特産・五島うどん通販「江口元手延製麺」 
長崎県南松浦郡新上五島町有川郷920番地 TEL0959−42−3001 FAX0959−42−3716